MESSAGE

大学や研究所の皆様へ

Evolve Biotherapeutics社は、ワクシニアウイルス (Vaccinia virus)を用いた腫瘍溶解性ウィルスの研究開発に取り組んでいます。

ワクシニアウィルスにはウィルスの中ではゲノムサイズが大きいため、大学や研究機関の研究者の皆様の多様な研究テーマやニーズにあわせて、搭載する遺伝子を自由度高く選択し複数を組み合わせて搭載することが可能なため、そのパターンはほぼ無数にあります。

このため、研究者の皆様の自由な研究思想に依り、必要な独自の遺伝子の組み合わせを見出し、当社の作製委託することで、新規ウィルスを他者に先駆けて先行取得することができれば、論文・学会等での独自性の高い元データの効率的な産生に直結してご研究の大きなドライビングフォースになるものと思われます。

例えば、ターゲットとなる細胞への直接的な働きかけ、細胞内の微小環境の変化、特定の代謝産物の増強・減衰等の影響や制御による生体内での機能解析や作用機序の明示など、様々な場面で研究者の皆様の研究を支援し、世の中にない新規なデータの取得を可能にする手段の一つになるものと確信しています。

当社のウィルス設計デザインのノウハウを組み合わせて、独自性が高く且つ安定性を維持したユーザーの研究思想をそのまま具現化した独自のワクシニアウィルスを活用して、論文・学会発表の元データの取得にぜひご活用下さい。
皆様の希望するオーダーメードのオリジナル腫瘍溶解性ウィルスを提供いたします。
また、Unarmed腫瘍溶解性ウィルスの研究試薬として販売も行っております。
(※ワクシニアを中心に研究をしておりますが、麻疹ウィルスやその他のウィルスにつきましてもご相談下さい。)

電話でのお問い合わせ

TEL0859-46-0790